バルトレックスでヘルペスの再発を抑えよう!

口唇ヘルペスにはバルトレックスが必要

性行為によって感染する可能性がある性器ヘルペスですが、舌で勃起するオーラルセックスであっても感染することがあります、また口唇ヘルペスにも感染する可能性があり、性行為はヘルペス全体の感染のリスクがあることを知っておきましょう。性器ヘルペスと口唇ヘルペスは、そもそもウイルス自体に違いがありますが、たとえば舌で男性の勃起を施す行為をした場合、口唇ヘルペスを発症している女性であれば、口唇ヘルペスを移す可能性があります。また性行為は舌を使うことが多いですので、リスクは当然高まると言えるでしょう。勃起をさせる行為や女性器を刺激することで良く使われる口唇および舌は、感染のリスクが高まることを知っておきましょう。

ヘルペスというのは一度感染してしまうと、完治させることができません。よってうまく付き合うことが求められます。たとえば疲れていたり、風邪を引くような免疫が低下している時などに、ヘルペスは症状を出しやすくなります。また医薬品による免疫低下、そしてアレルギーなどでも引き起こされることがありますので注意が必要です。ヘルペスの治療というのは、基本医薬品を服用して症状を抑えることになります。その医薬品として注目されるのが、バルトレックスです。バルトレックスはヘルペスの原因となるウイルスの増殖を抑える効果があります。増殖を抑えますので、症状を抑えたまま治すことに期待できるでしょう。よってヘルペスの症状が出たときに服用するのがタイミングになります。バルトレックスにも副作用があります。胃腸に不快感や頭痛等が報告されています。眠気を感じることもありますので、一応車の運転等は服用後はしないようにしましょう。