バルトレックスでヘルペスの再発を抑えよう!

バルトレックスってどんな薬?

バルトレックスとは、ヘルペスの治療に効果を発揮する内服薬で、主成分に塩酸バラシクロビルを使用しています。塩酸バラシクロビルは体内に取り込まれると、疱疹などの引き起こすヘルペスウィルスを攻撃し、増殖を防ぐことができる薬です。

バルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹、水疱瘡の症状を軽減、抑制、再発防止に効果があり、ヘルペス発症から5日以内、できるだけ早い段階で服用すれば、ウィルスの増殖を最低限に抑えることができ、症状を軽減することが可能です。

ヘルペスには、性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類がありますが、幼児期にかかりやすい水疱瘡や帯状疱疹もヘルペスの一種です。ヘルペスの症状は、口の周りや性器周辺、皮膚などに水ぶくれのような赤い腫れものができ、痛みが出ることがあります。

ヘルペス治療薬は数種類ありますが、バルトレックスは体への吸収率が良く、高い治療効果が期待できます。バルトレックスは、DNAポリメラーゼ阻害薬という種類の薬で、ヘルペスウィルスが増殖して症状が悪化する際、体内でウィルスのDNAが複製されて増殖します。バルトレックスはこのDNAの複製を阻害する作用があることから、症状を改善させることができる上、人のDNAポリメラーゼは阻害せず、ヘルペスウィルスのDNAポリメラーゼは阻害するという特徴があることから、副作用も少なく、比較的安全に使用できます。

バルトレックスは副作用が少ない薬ではありますが、腹痛や下痢、眠気、頭痛などが起こることがあります。体内で薬が代謝されるまで消化器官に負荷がかかるためですが、副作用が起こることは少なく、量を調整すれば小児の水疱瘡にも処方されているほどです。薬の代謝を早めるために、服用時の水分量を通常より多めにすると、さらに副作用が起こりにくくなります。

バルトレックスはヘルペスにどのような効果があるのか

口の周りに水泡が現れる口唇ヘルペスや、性器の周辺に痛みや痒みを伴う発疹や水ぶくれができてしまう性器ヘルペス。これらの症状に有効な薬がバルトレックスです。バルトレックスは医療機関でも処方される抗ウイルス薬で、口唇ヘルペスや性器ヘルペスの治療にはもちろん、水痘や単純疱疹、帯状疱疹の治療にも使用されています。
バルトレックスの役割はウイルスの増殖を抑えることです。バルトレックスの主成分である塩酸バラシクロビルは、体内で抗ウイルス作用を持つアシクロビルという成分になります。このアシクロビルにはヘルペスウイルスのDNAがコピーされるのを阻害する働きがあり、その結果としてヘルペスウイルスの増殖が抑えられるのです。この効果によりヘルペスの症状が緩和されます。
また口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、現代の医学をもってしても完治できない病気です。一度感染してしまえばウイルスを完全に駆除することは難しく、疲れやストレスがたまったりして免疫力が低下すると再び症状を再発します。そこで症状が現れた早い段階でバルトレックスを服用すれば、ウイルスが増殖するのを抑えることができ、早期に症状を直すことができるのです。
また性器ヘルペスの場合は症状が現れにくい人もいて、知らないうちに感染してしまっていることも少なくありません。性行為に伴い感染する性器ヘルペスは、特に症状が現れている期間中は感染力も高くなっています。そこで痛みや痒みを感じたらすぐにバルトレックスを服用することで、早期に症状を抑えることができ、再発防止にも有効です。ウイルスを撲滅することができない状況では、できる限りウイルスの増殖を抑えるよりほかに、ヘルペスの苦しみから逃れるすべはありません。大切な人にウイルスを感染させてしまわないためにも、バルトレックスの服用で上手く症状をコントロールすることが大切です。

バルトレックス服用の注意点

水痘や単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペス、口唇ヘルペスの治療、再発予防に使われるバルトレックスは、副作用も少なく治療効果も高い薬として幅広く利用されていますが、薬は飲み方次第で効果が減少することもあります。バルトレックスの場合もいくつかの注意点を守らなければ、効果どころか副作用が起きてしまう可能性がありますので注意が必要です。
バルトレックスの効果を最大限に活かすためには、服用するタイミングに気をつけなければいけません。これはバルトレックスの特性によるもので、この薬にはヘルペスウイルスなどの増殖を抑える働きがありますが、ウイルスそのものを死滅させるわけではありません。したがってウイルスが増殖する前に薬を服用しなければ、症状を効率的に抑えることは難しくなるのです。したがって症状が現れた場合は早めに医療機関を受診して、薬を服用することが重要になります。
また副作用にも注意しなければいけません。もともとバルトレックスは副作用の少ない薬ですが、人によっては頭痛や吐き気、眠気を感じることもあります。ですから自動車の運転や機械操作を行う人は服用に注意が必要です。また腎機能が低下している人も医師に相談したほうがいいでしょう。
さらに妊婦や授乳中の人、他の病気ですでに薬を服用している人は、医師や薬剤師にそのことを伝えておいたほうが無難です。併用している薬によっては身体に悪影響がでることも考えられますので、十分に気をつけておかなければいけません。
なお当たり前のことですが、バルトレックスを服用する際には、きちんと医師の処方にしたがうことを心がけましょう。薬は飲みすぎたからといって効果が強くなるものではありません。過剰に摂取するのは厳禁ですので、用量はしっかり守りましょう。

■性病対策薬をお探しならこのサイト
性病の薬を通販で!